2人の経営者のお話

【5月21日 連続投稿1944日目】

昨日は、岐阜県鍼灸院2代目社長、山形県のお菓子製造販売3代目社長の講演を聞きました。
場所や業種が変わっても、経営に対する考え方に共通点がありました。
それは、会社が発展するも衰退するも経営者の心持次第ということ 。何を当たり前のことをといいますが、それができている会社が少ないからこそ、100人近い聴衆に響いたのだと思います。

まずは自分が変わる。自分の心が満たされること。自分たち自身が 幸せであること。そうすることでお客様、従業員、取引先、仕入れ先そうした方々を喜ばせることができる。

目に見える部分と目に見えない部分がある。目に見える部分はスキ ルだったり商品、サービスだったりする。
そして見えない部分が心、理念。どんなにスキルや商品、サービス がよくても、根っこの部分が小さかったらちょっとした風が吹くと倒れてしまう。だからこそしっかりと根を 張る必要がある。そのためにも心を磨く。

経営。「経」とは縦軸。不変なもの。道理、理念、徳。「営」とは 、応変。技術、方法等。この二つの掛け合わせによって、良い経営ができる。

リーダーとは、意味と希望を伝える人。WHY?を熱く語ろう。

良い経営者の話を聞くことは、コンサルにとっても滋養になります 。