結局は人間力、包容力

【6月21日 連続投稿1975日目】

SNSでは顕著ですが、会社などの組織でも、マウントを取る人っ て一定数存在します。この言葉はネガティブな側面がありますが、見方を変えれば、そこから新たな気づきを得ることができるヒント も含まれているわけで(ほとんどは反面教師としてですが)、
必ずしもマウント行為すべてを否定しなくても良いとは思っていま す。
マウントを取られた時の対策です。


冷静に対応する

マウントを取る人が攻撃的な態度をとってきた場合でも、冷静に対 応しましょう。感情的にならず、相手の言葉を受け流すことで、エ スカレーションを避けることができます。


自分の立場をしっかりと主張する

マウントを取る人に対して、自分の意見や立場をしっかりと主張し ましょう。自己主張が苦手な場合でも、相手に対して自分の意見を 伝えることは重要です。


相手の意見を尊重する

マウントを取る人の意見が違っていても、相手の意見を尊重しまし ょう。議論を避け、相手の立場を理解する姿勢を示すことで、 対話が円滑に進みます。


感情的にならない

マウントを取る人の攻撃的な態度に対して感情的にならないように しましょう。相手の言葉に振り回されず、冷静に対応することが大 切です。


距離を置く

マウントを取る人との関係が悪化している場合、距離を置くことを 検討してみてください。必要以上に接触しないことで、 ストレスを軽減できます。


他の人と共有する

マウントを取る人の行動や発言を他の人と共有することで、客観的 な意見を得ることができます。他の人が同じような経験をしている かどうかを確認しましょう。


プロフェッショナルな対応を心がける

職場や公共の場でマウントを取る人と接する場合、プロフェッショ ナルな態度を保つことが重要です。感情的にならず、 適切な対応を心がけましょう。

 

つまりは、相手の意見に左右されずに自分自身の受容力、人間力を しっかりと高めていきましょうということです。
相手の行動に振り回されず、自分の立場を守りながら円滑なコミュ ニケーションを図っていくことが大事なんですね。